未分類

借地権の仕組み

家住宅購入を考えている人が時折目にするのが借地権つきという住宅です。借地権は名前の通り、土地を借りる権利のことですが、土地の上に建てた建物は自己所有になり自分名義で登記をすることができます。所有権付きの土地と同じ価格であれば借地権付きの方がより広く、便利な立地となっている傾向にあります。土地を所有しているわけではないので、都市計画税などもかかりません。土地を借りて使用することができる権利が借地権であり、借りる側が所有するものです。

借地権は大きく4種類にわけることができます。まず物件としてわけられるのが地上権です。物件に対する権利なので非常に強い権利を持っています。次に債権として旧法賃借権、新賃借権、そして定期賃借権の3つがあります。旧法賃借権と新法賃借権は平成4年の8月1日を境に法律が改正されたものなので、旧法賃借権=新法賃借権となります。定期賃借権は、旧法賃借権や新法賃借権とは違い、法定更新がありません。旧法賃借権では借り主は法定更新があることで土地をずっと使い続けることができますが、定期賃借権では契約期間が満了になると確定的に終了し、土地を地主に返還しなければなりません。土地を返還する際は建物の所有者はその建物を撤去して更地にして明け渡す必要があります。

ここまでは借地権や借地権の種類についてです。借地権を所有している借り主の中には、借地権を第三者に売却しようと検討している人もいるのではないでしょうか。そこでここでは借地権の買い取りに関して紹介させていただきます。