借地権の価値

不動産業界では底地と借地権の価格は、コーヒーカップとソーサーに例えられます。コーヒーカップが借地権で、ソーサーが底地です。どちらか片方では価値がつきにくく、2つ揃って価値のあるものとなります。

計算例えば、借地権60%、底地40%の1000万円の土地を売却する場合は借地権の価値は400万円程度となり、底地だけの場合は100万円ほどになってしまいます。別々に売却すると本来の価値の半分以下になってしまうことも多く、単独売買はおすすめできません

というのも借地権は借りている土地の上に建物を建て、建物を自己所有にすることができる強い権利を持つものです。ですがやはり土地を完全に所有しているわけではないことから、譲渡や売却、増改築などの際は地主の承諾や承諾料の支払いが必要になってしまいます。土地を借り続けるための地代の他にも更新料や承諾料などの金銭的なコストが継続的に発生してしまいます

また底地の価値に関しても買い手からすると底地を購入することができても借地人が契約を解除しない限りは購入した土地を自由に使用することはできませんし、借地権を買い取らない限りは建物を建てて利用することができません。借地権よりも底地の方がより安くなるのはこのような理由があるからです。